家づくり

初住宅展示場見学まとめとこれからの計画の整理

リアルではいよいよ着工前の最終契約が迫っていますが、照明計画等にまだ迷いがあり、また焦り始めているぶんたんです。

今回は情報量に圧倒された初住宅展示場巡りを終えてなんとなくわかってきた家に求めることや見学した各メーカーの印象、それを踏まえて夫婦で話し合い(と言っても、重くならないようにお酒を飲みながら…笑)をした結果とそれを踏まえたこれからの計画についてです。

展示場を見て感じたことまとめ

やりたいこと

  •  長く住める家
    自分達世代は建て替えせずに最期まで住みたい=頑丈な造りの家、歳をとっても住みやすい間取り
  • 庭みたいに使える広めのベランダ
    (or 庭ですが、きっと庭がとれる広さの土地は買えないかな。。)
  • 作りつけの本棚 or ニッチ
  • スタディスペース
  • 通り抜け可能なシューズクローク
  • 収納スペースをたくさんつくりたい
  • 吊り戸は上吊りにしたい

各社の印象

一条工務店

  • 営業さんはちょっと合わない気がした
  • 高気密高断熱+全館床暖房で快適そう
  • 値引きしない社風+自社オリジナルの標準設備で、一番想定外やがっかりが起こりづらそう

積水ハウス

  • 営業さんがとても好印象、急かさずゆっくり私たちのペースに合わせて相談に乗ってくれそう
  • 鉄骨でも木造でも安心して任せられそう
  • 特徴がまだわからない

ヘーベルハウス

  •  営業さんが誠実そう、一番ぐいぐい来てくれる感じだった
    家づくりするか迷ってるレベルなのでテンションがついていくか?
  •  対災害は一番安心感がある、やはり比類なき壁
  •  我々にとってはお値段がお高い。。

夫婦それぞれの感想

感想を話し合ってみると、案外二人ともほぼ同意見で平和でした。まず基本的なところでは災害に強い家がいいよね、HMは大手メーカーで工法は鉄骨にしたい、ということでした。

「災害に強い」ですが、近年は建築基準が厳しくなってきていて、阪神淡路大震災以降の建築基準で建てられた家はほとんど地震で倒壊していない、というのをどこかで聞いたことがある気がします。(小中学校の阪神淡路大震災関連の授業だったような。。私は関西出身なのでそういう授業がありました。)

つまり建築基準法をきっちり守っていればある程度安心な家になる→大きな会社は法で決められた基準を守っていないことがバレると大問題なのできっちり守るはずで、ある程度安心(もちろん中小企業でも守らないといけないので、私のイメージの問題です)。もちろん大企業でも守らなかった事件とかがあるのは知っていますが、それはもう事件レベルの例外なので。。例外を除いてリスクを考えると大手メーカーの中から選びたいと思っていました。さらに、年々自然災害がひどくなってきているのを肌で感じるので、中でもより災害対策に力を入れているメーカーにお願いしたいという気持ちがあります。

次に「鉄骨にしたい」ですが、積水ハウスさんの見学時に木造と鉄骨で性能に優劣はあるのかを質問すると、「木造メーカーは鉄骨の、鉄骨メーカーは木造の欠点を挙げてしまいがちですが、優劣はなくて今時ではどちらもしっかり作れば問題ないので好みで選んで大丈夫」と帰ってきました。『今時ではどちらもしっかり作れば問題ない』が、もともとの自分の考えとも一致していたのでやはりそうだよなぁと納得しました。そうなると好みで選ぶと夫婦二人とも、より頑強そうで、経年劣化が少なそうなイメージの鉄骨かな。。となりました。

それぞれの初回見学の印象は私の第一候補は積水ハウスさん、次点がヘーベルハウスさん、旦那氏の第一候補はヘーベルハウスさん、次点は積水ハウスさんでした。

私が積水ハウスさんを一番に選んだのは、営業さんが一番スローペースで自分達のペースに合わせて提案をしてくれそうだ、という期待感と、ヘーベルハウスさんはとても良かったんですが我が家にとってはオーバースペックでお値段的にも厳しいかなと感じたからです。正直、積水ハウスさんの特徴をまだ聞いていないので今の時点では第一候補も決められない状態なので強いて言うならという感じ。

旦那さん的には最も家に求めるのは頑丈さらしく、ヘーベルハウスさんが一番魅力的だったようです。

今後の計画

おそらく積水ハウスさんとヘーベルハウスさんで迷うことになるんだろうねと言いつつ、一条工務店さんのWEB入居宅訪問は参考になりそうだったので予定通り参加しようということになり、住宅展示場巡りで色々と決まったたくさんの予定をまずは進めていこうということになりました。また、それらに加えて、このまま話が進んでいくと各HMさんに土地探しをお願いすることになりそうな雰囲気がしていたため、土地探しをHM決定前にHMに依頼して良いのかということ、また、HMを決めるときに相見積もりをした方が良いということは知っていましたが、土地を持っていない場合は具体的にどのように進めていけば良いかということを、すでに土地探しを始めてもらっている不動産屋さんに相談することにしました。アポを取ってみると次の週末に早速WEB会議で相談に乗ってくれるとのこと。ありがたいことです。

「…ということは、家は建てる方向で良いのかな?」「え、それはもちろん」ということで、私の今回の『住宅展示場の見学に行くことで、旦那さんに注文住宅計画に乗り気になってもらう作戦』は大成功したようです。

ということで、今後の計画は以下のようになりました

  • 不動産屋さんにHMに土地探しを依頼するべきかを相談する
  • 一条工務店さんのWEB入居宅訪問
  • 積水ハウスさん紹介のFPさんに予算計画を相談する
  • (ヘーベルハウスさんと土地担当の方を交えた打ち合わせ)
  • 積水ハウスさんの工場見学で木造と鉄骨の違いをしっかり確認して、工法を決める
    (必要ならその工法でHM候補をピックアップして、さらに追加で展示場見学に行く)

いつか家を建てるかもしれないし、展示場見るだけ見てみようよくらいだったのが急に話が展開していき、気持ちがまだ追いついて行っていない感じもありますが、もともと長年の夢だったマイホーム計画が一気に現実のものとなりそうでウキウキワクワク!という感じです。

次回、不動産屋さんとの打ち合わせ、土地探しの難しさを知ります!

コメントを残す

*